キャンピングカー~装備~

キャブコンの燃費・あと何キロ走れるの??

キャンピングカーの燃費

こんにちは、がっちゃんです。

今日はキャンピングカーの燃費についてお話ししますね。

キャンピングカー、主にキャブコンでのお話しになりますが、乗用車に比べてかなり燃費悪そうですよね。

キャンピングカーは重量級

まずは重量級ということ。
キャンピングカーは乗用車に比べシェル部分が家になっています。
例えば、エアコンや冷蔵庫など重い家電アイテムがあります。
また、ギャレーいわゆるシンクがあれば、清水タンク、排水タンクが必要になります。

それとウチのゆーちゃんは温水を作ってシャワーも浴びれます。
なので清水タンク温水タンクで合わせると100kgほど重量アップします。
ガソリン携行缶を入れて75kgほど、合わせると200kg無いくらい。

それとウチは夏、冬の衣類が全部入っています。
それなりに断捨離しましたが、やはり最低限でもそれなりにあります。

トータルで考えると重量級といっても間違えは無さそうですね。

キャンピングカーの形状

次にキャンピングカー(キャブコン)自体の形状です。
バンクベットがある事が特徴的なキャブコン

スペースの有効性は素晴らしいのですが、走行中の空気抵抗から見れば最悪の物となってしまいます。
強風のタイミングに高速道路を走行すると、良くあるのが、風でボディーが持って行かれフラつく。
また、大型車を追い抜くと風圧で反対側に押し出される。
これ良くある事なんです。

そして、向かい風の時なんか最悪です。
頭を押さえ付けられて走行している感じがするものです。

そして坂道を登るときは常に登坂車線でエンジンは唸ります(^_^;
そもそも、2000ccで引っ張っているので、ギリギリ以下の条件で走行してます。
コレばかりは、どうしようもありません。

条件はコレ

そこで今お伝えした条件の

①2000ccのガソリン
②二駆
③キャブコンでどのくらいの燃費で走れるのか?
④エンプティランプが点灯してから、どのくらいの距離を走行出来るのか

を調べてみました。

検証結果

今回の走行距離が574キロメートル
使用したガソリンは72.19リットル
ここで燃費計算が出来ます。
燃費は1リットルあたり7.95キロメートルでした。

そしてベース車であるカムロードの給油タンク容量80リットルなので、ガソリンの残りがあと7.81リットルでした。

このガソリン残量で先ほどの燃費計算を当て込むと62キロメートル走れることがわかります。

エンプティランプ点灯からガソリンスタンドまでの走行距離34キロメートルと合わせると96キロメートル走れる事がわかりました。

100キロメートル走れません。

良く言われるのはエンプティランプ点灯してから100キロメートルは走れる!と言われたものですが、これで走れない事がわかりました。
しかも、この時の走行は主に高速道路でした。
そして燃費走行をしていたので、この点灯からの96キロメートルが長くなるのは難しいでしょう。
このことから、エンプティランプが点灯したらせめて50キロメートルまでにし、郊外の夜間という状況ならば早めに給油をお勧めします

まとめ

さあ、いかがだったでしょうか?
個人的にエンプティランプ点灯から100キロメートル走れないのがわかって、ある意味安心しました。
下手に大丈夫かも!と思わずに早めの給油の決断が出来るからです。
皆さまも、安心した旅行、ドライブをして下さいね。

検証の様子をYouTubeでも公開しています。↓↓↓

↓↓↓よろしければポチッと応援よろしくお願い致します(o^^o)↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦日本一周へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ABOUT ME
gatagatagogo
こんにちは、30代嫁&40代夫が、脱サラしてキャンピングカーで日本全国を旅します。 我の強い2人の、日本全国津々浦々巡りを始めるまでの波瀾万丈話と、始めてからのワクドキ情報発信をしていきます。 どうぞよろしくね!
RELATED POST