日本一周の旅

秋田県|「道の駅 雁の里せんなん 雁太郎」「横手の雪まつり(かまくら)」「道の駅 かみおか 茶屋っこ一里塚」「道の駅 協和 四季の森」|【旅87日目】

道の駅 雁の里せんなん 雁太郎(公式サイト)

短時間過ぎる滞在のため、いまいちよく覚えていないのが本当の話です…。
しかし静かに寝起き出来たので、きっと静かで居心地の良い道の駅です。
ただ気になったのは…「後三年駅」という駅名の駅がありまして!(・ロ・)
「後三年の役」の舞台となった秋田県美郷町仙南にある道の駅です。

所在地

019-1302 秋田県仙北郡美郷町金沢字下舘124

駐車場情報

大型:21台 普通車:75(身障者用3)台
駐車場は広く、道の駅の建物自体は小規模なイメージでした。

営業時間

9:00~19:00 ≪冬期・営業時間短縮あり≫ <休 1/1>

横手の雪まつり(かまくら)

街のそこら中がかまくら祭りムードになっており、どこかしらにかまくらがある状態でした。
私達は「ミニかまくら作り」に飛び入り参加させて頂きました。
各回20組限定で無料で参加出来るイベントで、最後の1組(20組目)に入り込め、体験させて頂けました。
がっちゃんの起こした奇跡で、最後の1組に入り込めました(☆。☆)

体験内容は、バケツとスコップとスプーンを渡され、オリジナルのかまくらを自由に作る、といったものです。
何人もスタッフの方がいらっしゃり、面倒見良く手際よく、不慣れな参加者達を上手くまとめて下さっていました。
私達も動画を回しながらも、気付いたら必死になってかまくらを作っていました。
そして出来たのがこちら。

かまくらの上に乗るのは我が家の愛車で我が家でもある、オルビスユーロの「ゆーちゃん」です。
雪が思いの外硬く固まりやすく、微調整などがかなり難しかったです。これも実際に作ってみないと分からない事でした。
なので、バンクベッドもサイドオーニングもイビツな形になってしましましたね(^_^;)
でも作り方が分かったので、雪国にいる間にリベンジしたいと思っています!

【かまくらの造り方】

  1. バケツに雪をつめる
  2. 足でバケツの中の雪を踏み固める
  3. かまくらを作る場所にバケツをひっくり返す
  4. ゆさゆさし、バケツの中の雪を出す
  5. スプーンでかまくらの入口部分を掘る
  6. かまくらの出来上がり

今回の体験ではこの後かまくらの中に蝋燭を灯すため、室内の高さを出す為に、かなりほりほりしました。
かまくら職人さんの作った“本物の”かまくらです。
175cmのがっちゃんとの比較画。この大きさが伝わりますでしょうか。
かまくらの中です。
ハートのかまくらは「らぶかま」と呼ばれるそうです。
あ、もちろん中に入ってきました。が…ハート型のくぼみ部分に頭を強打し涙目のむっちゃんでした(。・ω・。)

食べ歩き

かまくら作りを体験した後は、特設会場で食べ歩きも楽しんで来ました(*^^*)
きりたんぽ(\200)
ピントが「きりたんぽ」の旗にあってしまっている、きりたんぽです(>_<;)←たいていピントが合っていない写真はむっちゃんが撮っている上に、保険をかけず1枚しか撮っていない事が多数あります(^_^;)
写真はこんなのですが、味噌ベースのきりたんぽは香ばしく、とても美味しかったです!
横手やきそば(\500)
卵は黄身がトロトロで、この黄身に麺をくぐらせて食べるのが横手流でそうです。
また紅ショウガではなく、甘めの福神漬けも横手やきそばにピッタリでした!
牛すじラーメン(\500)
「うーーーーっま!!」これが第一声でした。ラーメン大好き、がっちゃんです。
牛すじに食べ慣れていない私達ですが、これは激ウマでした。
今まで食べてきた“祭り系ラーメン”の中でも、トップ3に入ってきます!
がっちゃんが食べている最中ずっと「ウーマウマ(゚Д゚)」と言っていました。

こちらは点灯されたミニかまくらです。
かまくらの中は175cmのがっちゃんが立てる高さです。
中に明かり灯され、ぼんやり優しいオレンジ色になっています。
こちらは学校の校庭に広がるミニかまくら群です。授業の一貫でかまくら作りをするそうです!!
各企業さんの軒先では「来てたんせ」「よってたんせ」と看板が出ておりました。
可愛らしい雪ん子のかまくらがあったので、出来心でちょっと覗かせて貰いましたら…
「来てたんせ、来てたんせ」とお声を掛けて下さり…何と、甘酒、ホットスナックの玉こんにゃく、豆もち、焼き鳥、ブリカマなどを振る舞ってらして、そのおこぼれに預かってしまいました(_ _)
しかし豆もちの美味しい事!!!(O_O)甘めのお餅が思いの外伸びて、また炭火焼きの焦げ感が美味しさをより一層引き出しており、驚きの美味しさでした。

さて、夜の部も全部お見せしたいのですが、続きはYouTubeの方でお楽しみ頂ければと思います!
なぜなら、静止画よりも動画の方が蝋燭の煌めきが素敵なので、是非そちらで楽しんで頂きたいと思ったのです(*^-^*)

駐車場情報


「よこてイースト」という無料駐車場があり、8:30~23:00まで駐車出来ます。
冬季は夜間除雪車が除雪してくれるので、立ち入り禁止とされています。

道の駅 かみおか 茶屋っこ一里塚(公式サイト)

雪まつりで食べ歩きをしたのですが、…微妙にお腹が空いています。
急遽こちらの道の駅で遅いお夕飯にすることにしまいた。
本当は今夜はこちらで寝泊まりさせて頂こうと思っていたのですが、音が気になる道の駅のため、早々に撤退しました。

所在地

019-1702 秋田県大仙市北楢岡字船戸187

駐車場情報

大型:14台 普通車:37(身障者用1)台
広大ではありません。かといって小規模ではありませんが、大型も小型もMIXで駐車されていました。
気になる“音”は、アイドリングや走行音ではなく…実は、地面の氷をタイヤが踏む音です。
氷の割れる音(パキパキ音)に慣れていない私達は、どうも居心地が良くなく(^^;)
氷音に慣れている方には、心地良い道の駅です。

営業時間

8:00~18:00(4月~10月は時間延長)

道の駅 協和 四季の森(公式サイト)

と、いう事で移動してきたのがこちらの道の駅です。
こちらは非常に静かで、すぐに夢の中でした。

所在地

019-2412 秋田県大仙市協和荒川字新田表15-2

駐車場情報

大型:12台 普通車:121(身障者用4)台
広大タイプの駐車場です。大きい除雪車も泊まっていました。
バス、大型、小型車がしっかり分かれており、安眠出来そうです。

営業時間

9:00~19:00 (冬期9:00~18:00)

本日のまとめ

出費

食費;2,553円

その他反省

↓↓↓ポチッと応援お願いします↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ABOUT ME
gatagatagogo
こんにちは、30代嫁&40代夫が、脱サラしてキャンピングカーで日本全国を旅します。 我の強い2人の、日本全国津々浦々巡りを始めるまでの波瀾万丈話と、始めてからのワクドキ情報発信をしていきます。 どうぞよろしくね!
RELATED POST