日本一周の旅

キャンピングカーで日本一周の夫婦旅|茨城【旅17日目】|「五浦岬公園」「六角堂」

茨城県 再来

五浦岬公園(公式サイト

昨夜、五浦岬公園へ日没後の六角堂を見に行きました。

しかし流石に真っ暗闇で六角堂の姿は見えませんでした。

太平洋の海ですが、腹の底から響く花火のような低音でした。波が力強く、高く、私の知る波音ではありませんでした。

崖のような地形なのかな?と思いながら、眠りにつきました。

また公園は、灯台の明かりが先の方までのびていました。

そして朝、日の出に合わせて再び公園へ六角堂を見に行きました。が、あいにくの天気で、日の出を浴びた六角堂は見られませんでした。

もうこうなったら、六角堂に行ったる!となります(笑)

海岸に突き出す六角堂全体を見るには、五浦公園がベストポジションだと思ったのですが、タイミングに負けました。諦めた(笑)もう、現地に行く(笑)

 

駐車場情報

無料駐車場とお手洗いがあります。

近くに住宅街があるので、アイドリングなど気をつけて下さい。

 

また、公園内とても歩きやすく綺麗に整備されていますが、こちらご近所の方がご厚意で毎朝清掃をして下さっています。

たまたまその方とお会いできたのですが、落ち葉の季節の今は特に、雨が降った後は「せっかく来てくれる人が滑って転んでは大変だから」と、完全ご厚意で無償でお手入れされています。

行かれる方はマナー面に気をつけて下さいまし。

 

六角堂(公式サイト

突然ですが、

「亜細亜ハ一なり」

という言葉をご存知ですか?

私はこの言葉を知らなかったので妄想が膨らみ、外国人が日本に帰化するのに日本語で「亜細亜」下の名前を「ハー」さんと、おっしゃる方がいるのかと思いました。

正しくは

「アジアは一つなり」

と読みます。

 

それでは、順番に六角堂内の様子を見ていきましょう!(笑)

こちら、岡倉天心が設計し、現在は茨城大学が管理をされている施設です。

国の登録記念物に指定されていて「関東の松島」と言われるほどの景観を楽しめます。

いよいよ六角堂ですよ!

こちらの六角堂は2011年3月11日の震災時の津波で消失してしまい、現在の六角堂は再建されたものになります。

灯台を岩の上に置き、海全体を庭に見せているのですね。

なかなかの絶壁です。

 

駐車場情報

六角堂入口より50mの所と、100mの所へ無料駐車場があります。

入館料300円

 

じらしてじらして、いよいよ次回は福島入りとなります。

もう風化しつつある東日本大震災の爪痕を今だからこその目でレポートしていく予定です。

 

本日のまとめ

出費

食費;843円

見学費;600円

 

その他反省

がっちゃんに続くように、むっちゃんが風邪気味なり…

風邪薬を飲んで温かいご飯を食べて、早く寝ます。

白菜と豚肉の、生姜たっぷりスープ。手軽で簡単、助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ABOUT ME
gatagatagogo
こんにちは、30代嫁&40代夫が、脱サラしてキャンピングカーで日本全国を旅します。 我の強い2人の、日本全国津々浦々巡りを始めるまでの波瀾万丈話と、始めてからのワクドキ情報発信をしていきます。 どうぞよろしくね!
RELATED POST