キャンピングカー~装備~

キャンピングカーで日本一周中夫婦の生活に密着した、生活に必要なスポット紹介

はじめに

今回は常に旅をしている、バンライフをしている私達の生活に必要で、よく「どうしているの?」と質問される内容をまとめてみました。

是非、家を断捨離してキャンピングカーで暮らす私達の生活の一部をチラ見して下さい(*^-^*)

買い物はどこで?

日本国内での旅なので、食料品や衣料品は購入しやすいです!
何なら、全国展開の店舗なら北海道でも沖縄でも同じものが買えると思っています!

しかし定住していない者が旅先で安い食材をどこで仕入れているか。病院はどうしているのか。荷物はどうしているのか。を今回は大公開しちゃいます。

愛用している食料調達先

道の駅

道の駅に限らず地産販売所の野菜類は特にお世話になっています。地元産の物はボリュームもあり新鮮で安価に購入出来る物が多いので、普段の生活にも嬉しいです。

AEON

定期的に買い物をするのがイオンです。
イオン、ザ・ビッグ、マックスバリュを愛用するのは、やはり日本のどの店舗でも同じものが買えるという最大のメリットがあります。
決まった食材などはイオンでリピート購入しています。この安定して決まった物を購入出来るのは、常に外で生活している私達は非常に安心出来る存在です。

道の駅では取り扱っていない商品(魚や肉類)や比較的保存が利く物はAEONで購入しています。

勿論、見た事のない地元スーパーはよく覗いて楽しんでいます。

ファンの方からの差し入れ

番外編になりますが、旅先で応援をして下さる方からの差し入れを頂くこともあり、これがとても嬉しいです。特に地元の名産品などは、教えて頂いて初めて知る事が多々あります。
(※差し入れやプレゼントを求める内容ではありません。)

日用品や消耗品の入手は全国どこでも、リピート買い

イオン

ペーパー類、化粧品や歯磨き粉、パンツまで幅広く購入するのは決まってイオンです。全国どこの店舗でも確実に同じ物が購入出来るのが強みです。

旅を始める前はドラッグストア巡りをするくらい好きでしたが、ドラッグストアは意外と地域制が出るようです。毎回欲しい物を探すのは時間も勿体ないので、リピートしている商品はイオンで買いそろえます。

ファンの方からの差し入れ

こちらも番外編ですが、旅先で応援に駆けつけて下さる方の中には製造のお仕事をされていらっしゃる方もおり、おすそ分けを頂くことがあります。
(※差し入れやプレゼントを求める内容ではありません。会いに来て下さるお気持ちが嬉しいです。)

飲み水確保は

イオン

実はイオン会員になっているので「イオンの美味しい水」という飲み水も1日4Lまで無料で確保出来ます。
会員にならなくても、ペットボトル4L分の水を購入するのと比べると、断然安いです。

最初に専用のボトルを購入しなければなりませんが、一度購入すれば数年は使えるので、普通にペットボトルの水を購入するよりも手軽に補給出来ます。

ただしこのお水、イオン系列の全ての店舗で取り扱いがある訳ではないという点です。なので取り扱い店舗をイオンのHPで探してから立ち寄っています。

トイレ用品はキャンピングカーショー/フェアで

ブラックタンクに入れるシャンプー液と便器をすすぐリンス液は流石にイオンでは取り扱いがないので(笑)、キャンピングカーショーやフェアで購入します。

キャンピングカーを購入したらもうショー/フェアに行かないかと言うとそうではなく、購入後も何だかんだ新しい車体の見学やキャンピングカーつながりで出来た友達と一緒に来場する事もあります。

昨年2019年は3回程、そうしてトイレ用品の購入をしています。

洗濯コインランドリー

我が家のキャンピングカー、トイレとシャワーはついていても、流石に洗濯機は搭載されておりません(笑)そこで大活躍してくれるのが、各地のコインランドリーです。

動かない家に住んでいた頃はコインランドリーを利用した事がなかったので、旅を始めた最初の頃は使い方が分からず手惑いました。逆に今は様々なタイプのコインランドリーを利用しているので、慣れっこです。

トイレ処理

RVパーク

残念ながら全てのRVパークでトイレ処理を出来る訳ではありません。そして、高い(´;ω;`)

個人的に、日本国内でもっとキャンピングカーを流行らせくるま旅を活性化させる為には、ダンプステーションを設けてくれるRVパーク、湯YOUパークやくるま旅パーク、民パーク等で幅広いサービスの展開をして下さる事を切に願います。

キャンピングカーにせっかく搭載されている機能でも、国内で使いこなせないのではキャンピングカーの魅力と意味が半減してしまうと思うのです。

友人宅

そんな私達を見かねて旅先で迎え入れてくれる旅先で出来た友人が、トイレを貸してくれる事があります。

我が家のキャンピングカーはカセットトイレなのでブラックタンクを取り外せるタイプなのが幸いして、処理はしやす仕様になっています。
お世辞にも綺麗な物ではないのに、受け入れてくれるのがありがたすぎます。

荷物受け取りは郵便局留め・配達業者留め

基本荷物は郵便局留めや配送業者留めで荷物を送って貰っています。荷物を受け取る時は身分証明書とサインだけで受け取れる窓口がほとんどでした。
家がなく常に移動している私達は確実に決まった荷物を受け取れるように、相手の方にも協力して頂いています。

まとめ

いかがだったでしょうか。動かない家にいれば当たり前の様に使っていた水ですが、旅を始めてから資源は有限ではないという認識が強まりました。蛇口をひねったら当たり前に水が出る環境がいかに便利だった事か。トイレを流せば回収の方が来てくれるので、無限に何の心配もなくトイレもし放題だった事もしかりです。
あの頃の“当たり前の生活”が、今は当たり前ではなくなっています。そして不便を伴った今の生活が当たり前になっています。
同時に、長期くるま旅が出来るのは、キャンピングカーだからこそだと再認識しました。不便を楽しみ面倒を面白がる気持ちがあると、きっとくるま旅の可能性があなたの中でどんどん広がる事と思います。

↓↓↓よろしければポチッと応援よろしくお願い致します(o^^o)↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦日本一周へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ABOUT ME
gatagatagogo
こんにちは、30代嫁&40代夫が、脱サラしてキャンピングカーで日本全国を旅します。 我の強い2人の、日本全国津々浦々巡りを始めるまでの波瀾万丈話と、始めてからのワクドキ情報発信をしていきます。 どうぞよろしくね!
RELATED POST