日本一周の旅

キャンピングカーの収納、全部お見せします

収納のための、下準備

突然写真で紹介しちゃいました。

こちら、何かと言うと、収納扉に貼っておくマスキングテープになります。

これを貼っておけば「あれどこに閉まったけ~」を回避出来るハズです。

特に私がこれを用意したのは深い意味がありまして…

車内で「アレ取って、コレ取って」を言った時に、がっちゃんに分かって貰うようにする為です。

いつ私がダウンするか分からないので、こうやって見える化しておけば、がっちゃんにも分かりやすいはず!

写真に写っている以外にも、必要に応じて増やしていきますよ~(^○^)

 

オルビスユーロの全収納スペース公開

リアベッドの下

 

こちら、車内で一番広い収納スペースになります。

車体中央の最後部に発動機が乗っているので、中央と左右で高さの差があります。また空間としても、左リアの空間が一番広く、右リアは左よりも若干狭くなります。

 

右リア側

 

私達は、右リアは外で使う物を収納しています。折りたたみの椅子と、北海道対策で燃料タンクを載せる予定です。

燃料タンクはまだ未搭載です。会社で強制的に取らされた「危険物乙4」の資格が、この車体と乗せている期間的に問題なく搭載出来るか確認をしてからの購入となります。

 

中央

 

発動機の上に当たる部分です。こちらには寝具関係を入れています。冬物寝具だとがさばって邪魔になるか心配でしたが、以外と余裕がありました。

また、こちら寝具類は圧縮袋に入れています。

実はオルビスユーロの中に掃除機を載せていきます!だって、ずっと車内で生活するから、普通に掃除機もかけたくなると思うんですよぅ(^_^)bなので愛用している掃除機は連れて行きますよ。

なので圧縮袋を掃除機圧縮して、冬物寝具の嵩を減らして移動です。

 

左リア

 

左リア側は一番高さがあり空間も広いので、なんと衣装ケースをそのまま入れられます。

しかも3段分入れられます!

服が入ったままの衣装ケースをそのまま入れられるって!何て楽なのでしょう(^_^)b

丁度手持ちの衣装ケースのサイズが、丁度サイズだったのです!素晴らしいね!

[amazonjs asin=”B00USZLNZ8″ locale=”JP” title=”無印良品 ポリプロピレン衣装ケース引出式 幅40×奥行65cm (大)”]

ピッタリなサイズの優れ物は、こちら。

 

リアベッド

 

基本私達ふたり旅、寝床はバンクベッドになります。

リアベッドで寝ることはない予定ですので、ここにはシーズン物の衣類ケース置場にします。

大雨や台風など、飛んできた物でバンクベッドの破損が心配な環境にある時は別です。その際は衣装ケース2つをどかして、リアベッドとテーブルをたたみ、ベッド展開して別々寝になる予定です。

 

リアベッドの頭上収納

 

リアベッドの頭上収納も、他の収納スペースに比べたらかなり広いです。

そしてこちらには、トイレ用品系を収納しています。

我が家はマルチルームのトイレを普段使いしているので、洗浄剤類です。そして、基本こちらはお小水のみの利用です。大の時は、外でお手洗いを借りるようにしています。(お食事処や観光先のお手洗いを借ります)

しかし、いつ何時何があるか分からないので、大用アイテムも用意してありますよ~。

 

グレータンク用品はこちら↓

[amazonjs asin=”B004GXBCFO” locale=”JP” title=”Dometic スペシャルケア 【トイレタンク用消臭剤】 1.5L”] [amazonjs asin=”B07D13HT2H” locale=”JP” title=”Dometic エクストラケア 【洗浄水用添加剤(リンス)】 1.5L【YAGAMIオリジナル仕様でお届け致します。】 臭い落とし アウトドア キャンピングカートイレ ポータブルトイレ用”]

 

大用は、こちら。

[amazonjs asin=”B01LZFKJXB” locale=”JP” title=”ポータブルトイレ用使い捨て紙バッグ ポイレット 30枚入”]

こちらは、する前にトイレに設置してその上にして、し終わったらくるくるっと丸めて燃えるゴミに出せます。

イメージとしては、オムツのトイレに設置バージョンです。

 

そして安定のトイレットペーパーも、こちらに収納しています。

 

シンクの頭上収納

 

こちらはキッチン用品を入れてあります。

基本はゴミを出したくないので、まだ使った事はありませんが、用意してあります。

[amazonjs asin=”B00XTZQ29G” locale=”JP” title=”クックパー フライパン用ホイル 25㎝×3m”] [amazonjs asin=”B00XTZQINQ” locale=”JP” title=”サランラップ 30㎝×20m”]

 

そして調理中油が飛んだりすると、カーテンを汚してしまうので、こちらも完備。

[amazonjs asin=”B002GH0B7M” locale=”JP” title=”東洋アルミ 天ぷらガードFit!”]

ここで、むっちゃんからのワンポイント

衣類などの布の繊維は匂いを吸着してしまうので、匂いが気になる時はファ●リーズなどを振りかけるのではなく、一度布を丸洗いすると匂い問題が簡単に解消されますよ。

車内のソファーなど丸洗い出来ない物は、水を含ませた雑巾をしっかり水切りして、水拭き→乾拭き→水拭き→乾拭きを繰り返すと良いですよ。

匂いでごまかす系のアイテムは、直接車内の本革や合皮、棚などに付着すると変色してしまう事があるので、注意書きを読んでから使いたいですね。

つまり何が言いたいかと言うと、カーテンに汚れが飛び散った時は、その汚れが匂いの発生源になります。一度洗濯すると良いですよ、という事です。

 

ティッシュもこちらに収納しています。

 

ちなみにティッシュとトイレットペーパーは、ドラッグストアでその時に一番安い物を購入しています。

頭上収納なので、万が一扉を開けた際に飛び出てきてぶつかっても安全な軽い物をここに収納しています。

 

シンクの下収納

 

こちら小さい収納には細かい物を入れています。

シンクの排水溝にはめるゴミが流れてしまわないようにする、アレとか。

[amazonjs asin=”B07GHG9HLP” locale=”JP” title=”BESTONZON シンクフィルター ゴミ受け キッチン 排水口用 洗面台 排水フィルターストッパー シンクストレーナー プラスチック製(ランダム)”]

紙コップやコンビニで貰った割り箸なども、ここにいます。滅多に開けない収納になります。

 

シンクの足下収納

 

ここは広めの収納になっています。調理器具や食器はここに収納しています。

食器の記事は、割れにくい食器のブログも書いているので、こちらもご覧下さい。

調理器具といっても、大ぶりのフライパンにも鍋にもなる器具1つしかありません。食器もそんなに数多くありません。割れにくい食器をここに収納しています。

背の高い調味料(お醤油や料理酒等)も、ここに収納しています。乾燥している調味料も、こちらに収納しています。

 

リビング(テーブル空間)の頭上収納(3つ)

 

こちら3連になっていますが、1つずつ部屋が分かれていて使い勝手抜群です。

運転席に近い側から、救急箱&ケア用品&道具箱、化粧道具&タオル、食料品の3部屋に分かれています。真ん中の収納スペースは、もう少し改良予定です。

 

 

リビング(TV置場)の頭上収納

 

こちらは以前紹介したブログにもありますが、趣味と休息グッズを収納しています。

趣味の物は増えてしまう可能性が高いので、今は余裕のある収納のままでいます。

 

リビング床下収納

 

昔、おばあちゃんチにありました。ぬか漬けとかお米とか、そういった保存食系が入っていた記憶があります。

我が家は今はペットボトルの水を入れています。

 

玄関横収納

 

こちらは外部充電のコンセントや軍手等の外で使って汚れる物を入れています。タイヤチェーンなど追加購入したら、ここに収納予定です。

奥行きが結構あります。

 

助手席後ろの足下収納

 

こちらはサブバッテリーが入っています。

中古購入時はトイレットペーパーやティッシュペーパーを入れていましたが、旅を始めるにあたりサブバッテリーを追加で載せることにしたので、ここには収納は出来ません。

 

バンクベッド横収納(2カ所)〈小〉

 

こちら、運転席と荷室の間に装着するカーテン置場と、バンクベッドにいる際のティッシュと眼鏡置場になっています。

ここは本当に小さいスペースなので、これで十分だと思っています。

 

 

まとめ

きっと旅を進めていく内に、もっと改良が必要になってくると思いますが、今の使い方ではこれで十分です。十分すぎる程、よく収納してくれます。さすがキャブコン様々ですね。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ABOUT ME
gatagatagogo
こんにちは、30代嫁&40代夫が、脱サラしてキャンピングカーで日本全国を旅します。 我の強い2人の、日本全国津々浦々巡りを始めるまでの波瀾万丈話と、始めてからのワクドキ情報発信をしていきます。 どうぞよろしくね!
RELATED POST