キャンピングカー

キャンピングカーを購入する前に確認することと予備知識

キャンピングカーが欲しい!

キャンピングカーに乗って、家族で出掛けたい!

キャンピングカーがあったら、こんな事をしたい!



 

そう考えている方の為に、キャンピングカーの予備知識をまとめました。

これは実際に「キャンピングカー」という存在を知った時に私が調べたことをまとめました。

キャンピングカーとは

米国のRecreational vehicle(RV)、大型自走式「Motorhome(モーターホーム)」欧州ではドイツ語で牽引タイプをWohnwagenやキャラバン、自走式をWohnmobilと呼んでいる。オーストラリアではCamperと呼ぶことが多い。これらを日本ではすべてキャンピングカーと呼ぶ。フランス語ではCamping-carは自走式のキャンピングカーを指す。(ウィキペディアより一部抜粋)

 

そして、その車の中で食事や睡眠を取る、完全プライベート空間です。

キャンプ道具を持たずに、キャンプの布の中で寝るのではなく、車の中で寝られるので、天候問わず、安心感が強いです。そして車内で寝泊まりすることを、車中泊と呼びます。

 

車中泊とは

最近日本でも地震、水害が多発しています。避難所の映像でたまに見かけて、その度に注目されているのが、車中泊です。
車中泊というくらいなので、車さえあれば車の中で寝られます。それが車中泊です。(むっちゃん理解より)

キャンピングカーの種類

(ウィキさんを読みましたが、キャンカーを知らない人にはなかなか伝わりにくいと思ったので、むっちゃんの言葉でお伝えします。)

バンコン

キャンパーバンとも呼ばれる、ワンボックス車の内装・屋根等を加工したもの。ワンボックスいわゆるバンですな。私達は街中のコインパーキングにも気軽に停められるので、最初はバンコン一本で狙っていました。
居住区のレイアウトは自分たちが使いやすい様に、マルチルームやシャワー、トイレ、二段ベッドなのか、Wベッドなのか、ビルダーさんにいかに夢を詰め込んだものを受け取って貰えるかがポイントになる。
ハイエースベースの新車は勿論、持ち込み車両で上手いことアイディアと共に制作してくれる、むっちゃんオススメのビルダーさんはズバリ、ネストツールズさん。私はこのビルダーさんと出会わなかったら、キャンピングカーという言葉も知らないままでした。
予算に余裕があれば間違いなくネストツールズさんでバンコンを購入していましたが、予算の問題でキャブコンにしました。

ベッドとマルチルーム入り口、ダイネット(シンク)

ダイニングテーブル、ベンチレーター、ダイネット(シンク)

ダブルベッドとマルチルーム

バンコンの写真は全て出典元;ネストツールズさん

 

キャブコン

トラックの荷台を居住区に改装したもの。一般的なトラックは、運転席と運ぶ分が切り離されているが、運転席から後ろの居住区への移動も出来るので、大雨の日などいちいち濡れて玄関部分から部屋に入る必要がない。非常に楽。(ただし、体型による(-_-;)
マルチルーム、お手洗い、シンク、キッチンスペースがある。
居住空間は非常に高く、身長2mの人でも悠々と立てる。
バンクベッドと呼ばれる、運転席の上部分に出っぱったダブルサイズのベットもあり。仲の良く一緒に就寝したいご夫婦にオススメです。
最近はハイエースやキャラバンをスーパールーフにして(救急車と同じ車内高さがあり、身長180cmくらいまでなら居住区で腰を曲げずに立てる)ピラーより後ろをボディカットして作られるものも多数見かける。
ちなみに我が家のオルビスユーロは、トヨタのカムロードというトラックベースの車体で、このキャブコンにあてはまります。

運転席の上部分の出っ張りの正体はココ、バンクベッドです

発電機は室内からスイッチ1つで稼働出来ます。めっちゃ楽

電子レンジとリアベッド

シンクも大きい

冷蔵庫もあります

ダイニングテーブルと奥は運転席。広い窓から日差しが差し込みます

テーブルを下げると、ベッド展開出来ます

マルチルーム。トイレとシャワーが使えます

 

 

バスコン

マイクロバスなどのバスを加工したもの。

キャンピングカーショーでもなかなかお見かけした事がなく、むっちゃんから車内情報をお届け出来ないのが悔やまれます。今後見学するキッカケがあれば、追記しますね。

 

軽キャン(軽自動車キャンピングカー)

軽自動車をベースにしたキャンピングカー。

最近は安く楽しめるキャンピングカーとして、団塊の世代の余暇で注目を浴びているようです。

ベース車両の価格の安さ、維持費がかからない、駐車場と場所を選ばない、一人旅は勿論、夫婦二人旅での使用に手軽に使える、日本での使用スタイルにマッチしていることが人気の理由だそうです。

ちなみにキャンカー購入時に資金繰りの兼ね合いで、当時乗っていたN-boxをネストツールズさんに改装して貰い、Nで旅に出ることも考えました。

 

 

キャンピングカーは金持ちの道楽?

勿論お金持ちの方はお金の工面をする必要がないでしょうから、スケボーを買う感覚で購入しているかもしれません。
でも、私達はどちらかというとビンボー人です。いや、貧乏なのは間違いありません(笑)。
普通の一般的な(むしろそれ以下かもしれません)しがないブラック企業のサラリーマンです。
そんな私達ですが、この度キャンピングカーを購入しました。
はっきり言います。キャンピングカーを買うも買わないも、お財布事情ではなく、あなたの気持ち次第です。

しかしきっとこの記事を読まれているのは、男性の方が多いのではないでしょうか。もしくは、キャンピングカー購入を家族に反対されてしまって、ブログを読むことで気を紛らわしていらっしゃる方なのではないでしょうか。
そんな方のために、次のブログではご家族を「口説くテク」を伝授しますよ。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ABOUT ME
gatagatagogo
こんにちは、30代嫁&40代夫が、脱サラしてキャンピングカーで日本全国を旅します。 我の強い2人の、日本全国津々浦々巡りを始めるまでの波瀾万丈話と、始めてからのワクドキ情報発信をしていきます。 どうぞよろしくね!
RELATED POST