日本一周の旅

ココ近年のガソリンスタンド事情について【キャンピングカーに優しいガソリンスタンドはどこだ】

ガソリンスタンドの種類

最近、ガソリンスタンドが再編されたみたいですよね。
順番に紐解いていきましょう。

再編について

14年度実績から
① エネオス

 

② 出光

 

③ エッソ、モービル、ゼネラル

 

④ コスモ

 

⑤ 昭和シェル

 

筆者もそもそも3位のエッソ、モービル、ゼネラルが連合軍だったのは知りませんでした。

現在のガソリンスタンド

ですが、昨今の合併話で以下の様になりました。
① エネオス+エッソ、モービル、ゼネラル
② 出光+昭和シェル
③ コスモ
気がついたら、大手会社が3社になってしまいました。
しかも、最近のエコカーやハイブリッド車の普及でガソリンの消費量は年々減少傾向にあります。
平成6年に60,420店舗あったのが、20年後の平成26年には33,500店舗
なんだか半分くらいになってしまったのですね。
寂しい限りです。

なぜ店舗が閉鎖していくのか

この減少してしまった要因は3つあると考えられます。
① 都心部中心の若者の車離れ(一部はカーシェアへ)
② 石油価格の高騰
③ ガソリンスタンド施設の改修更新工事費用の圧迫

ひとつだけ突出している項目が最後の③施設の改修更新工事費用の圧迫です。
ガソリンスタンドは地中にガソリンを貯蔵できるタンクがあります。
ガソリンスタンドは火災爆発予防の観点から施設のタンクを掘り起こす必要があります。
しかし、頑丈なコンクリートで囲まれているタンクの交換は容易では無く工費も高くなってしまいます。

改修更新工事については一時メディアで取り上げられていましたが、今ではあまり話題にはなっていないようです。

価格高騰からの苦肉の策→セルフ

近年、一般サービス(フルサービス)より人件費を削減した、セルフサービスが定着しています。
普段、ガソリンを入れる方なら自分で入れたことがない方は、少数ではないでしょうか?
セルフサービスの方が2円から5円ほど安い傾向にあるようです(筆者の感覚)
ただし、セルフサービスでは、フルサービスで受ける事が出来る窓拭き、ゴミ捨て、運行前点検程度のチェックがありません。
最近、軽微な故障やトラブルが増加傾向にある話も入ってきます。
そのような事も、ガソリンスタンドでのサービスが影響しているのではないかと感じています。

2つの看板を掲げるガソリンスタンド

小売りの代表格【宇佐美】【太陽】とは??
【宇佐美】とは株式会社宇佐美鉱油
【太陽】とは太陽鉱油株式会社
といって各社ガソリンを仕入れ、販売しています。

例えば【出光】の看板で【宇佐美】を見かけます。
これは宇佐美が出光のガソリンを仕入れて販売していると言う意味なのです。
但し、【太陽】は西方面では【SOLATO】として自社ブランドを展開しているようです。

結局キャンピングカーに優しいガソリンスタンドとは

ちなみに個人的にはシャワーを使わせてくれる【宇佐美】を重宝させて頂いております。
関東、東北、北陸では今のところ問題なく、手助けして下さるのが宇佐美さんです。
(※今後関西圏以南に向かって行きますので、追加情報がありましたら別記したいと思います。)
店内の様子です。
こんな感じでシャワー室があります。
注意書きもあります。
設備は店舗ごとに差があります。
脱衣所とシャワー室は扉で分かれており、脱衣所にはきちんと鍵があります。
比較的綺麗にされている店舗さんが多いです。新しい足拭きマットが完備されている所もあります。

ABOUT ME
gatagatagogo
こんにちは、30代嫁&40代夫が、脱サラしてキャンピングカーで日本全国を旅します。 我の強い2人の、日本全国津々浦々巡りを始めるまでの波瀾万丈話と、始めてからのワクドキ情報発信をしていきます。 どうぞよろしくね!
RELATED POST