キャンピングカー

三重県|「伊勢志摩 横山展望台(天空カフェテラス)」「熊野古道 始神峠」「熊野古道センター」|【旅114日目】

伊勢志摩 横山展望台(天空カフェテラス)(公式サイト)

綺麗な伊勢志摩の海を一望したくやって来ましたが、晴天ではない天気に景色もボンヤリ気味です(>_<)
空色共に海色も冴えない写真ですが、せっかく行って来たのでシェアさせて頂いちゃいます!
雲が厚めですが、志摩の島々が綺麗に見えます。 展望台は何カ所にもあり、高いところへ登るごとに眺望もすごくなります。雲が多目なのが残念ですが…(>_<)

所在地

三重県志摩市阿児町鵜方875−20

駐車場情報

展望台を目的地に進むと、駐車場が出てきます。
展望台近くまで車で行けますが、最後は自分の足で歩かねばなりません。
歩道は舗装されていて歩きやすかったです。

営業時間

9:00~16:30(カフェテラス)

熊野古道 始神峠

全部を歩くのは体力的にも精神的にも無理なので( ;∀;)初心者向けコースを散策して来ました。
行き(登り)40分、帰り(降り)30分弱でした。しかし濃厚な時間ですので、登られる方はある程度の覚悟をして登られることをオススメします。
入口はまだ現代的です。“スピリチュアル”な雰囲気が凄いです!足の長さが違うので、追いつくのが大変です…。一部石畳になっていますが、基本は山道です。目印が出て来ると安心します(o^^o)いよいよ山頂に到着です!!山頂からの景色です。息を整えながら、景色を楽しみます。
入山前にイノシシの足跡を見付け、ハラハラしていましたが、近所の方曰くイノシシではなく鹿との事でした!良かったですぅ(^0^;)

所在地

三重県北牟婁郡紀北町馬瀬

駐車場情報

始神さくら広場に隣接した登山用の無料駐車場がありました。駐車場にお手洗いがあるので、入っておかれるとベターでしょう。

営業時間

24H
ただし夜間は街頭等ないので、日中にされた方が安全です。

熊野古道センター(公式サイト)

そもそも「熊野古道(くまのこどう)」ってなんぞ?という所で、こちらのセンターに寄って熊野古道の勉強をしてきました。
以下は私調べの熊野古道の説明になります。

【熊野古道と、その歴史】

熊野古道は熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へと通じる参詣道の総称で、熊野参詣道とも呼ばれます。

紀伊半島に位置し、道は三重県、奈良県、和歌山県、大阪府にまたがります

2004年に世界文化遺産に登録されています。

熊野古道は近世、日本最大の霊場としての地位を伊勢神宮にとって代わられてからは、西国三十三所観音巡礼のひとつに姿を変えるようになりましたが、純粋な徒歩参詣道として熊野古道が残ったため、現在でも独自の形で賑わいを見せています。

皇室だけでなく、源氏や平氏にも信仰され、平安・鎌倉時代の僧侶であった一遍や文覚も参詣していたそうです。
承久の乱以後は、地方武士の参詣者も出るようになったそうです。

室町時代になると貴族の他に武士や庶民の間でも熊野詣が盛んになり、熊野三山の繁栄も頂点に達し、熊野参詣道も広域道路として整備されるようになりました。

江戸時代に入ると、伊勢詣と並び、熊野詣は、広く庶民が行うようになったといわれています。
一時は、熊野付近の旅籠に1日で800人の宿泊が記録されたこともあったそうです。

1906年(明治39年)末に布告された「神社合祀令」により熊野古道周辺の神社の数は激減しました。
熊野詣の風習もほとんどなくなってしまいましたが、熊野古道自体は、大正から昭和にかけて国道が整備されるまで、周囲の生活道路として使用され続けました。

所在地

三重県尾鷲市大字向井12−4

駐車場情報

センター下に無料駐車場があります。

営業時間

9:00〜17:00

おまけ;本日のおうちご飯

毎日のご飯は全然“映え”ません(。・ω・。)

朝ご飯

パン、バナナ、コーンスープ、ヨーグルト…質素(。・ω・。)

昼ご飯

雑穀米、納豆(+大葉)、ウィンナー、ブロコリー、みかん…質素(。・ω・。)

お夕飯

ご飯、青椒肉絲(カブ、ピーマン、春菊という野菜の組み合わせ)、韓国風海苔乗せ冷や奴…質素(。・ω・。)

本日のまとめ

出費

食費;円
ガソリン代;円 L (/L)

その他反省

↓↓↓よろしければポチッと応援よろしくお願い致します(o^^o)↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦日本一周へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ABOUT ME
gatagatagogo
こんにちは、30代嫁&40代夫が、脱サラしてキャンピングカーで日本全国を旅します。 我の強い2人の、日本全国津々浦々巡りを始めるまでの波瀾万丈話と、始めてからのワクドキ情報発信をしていきます。 どうぞよろしくね!
RELATED POST