日本一周の旅

和歌山県|「金剛峯寺・周辺」|【旅122~123日目】

金剛峯寺

高野山金剛峯寺は空海が真言宗の総本山を開祖した地です。学生の頃「最澄・比叡山・延暦寺・天台宗」と「空海・高野山・金剛峯寺・真言宗」を比較して、試験でひっかけ問題が出た記憶が鮮明に残っております。 門構えはこんな雰囲気です。 門をくぐるとお堂があります。かなりの広大さが分かります。 実は訪れた数日前、雪が降っていたそうです。所々に雪が残っていました。 マスコットキャラクターのこうやくんがいました。お堂のを見学出来ます。渡り廊下と、庭園は砂利で水の流れを表します。大きな木もあり、雰囲気が凄く出ていますね。 向こうの棟と庭園の雰囲気がマッチしていて素敵です。 廊下の幅は狭めです。お堂の中は脱帽しなければならないので、がっちゃんの赤い帽子は腰にスタンバイです。 中庭にも雪が残っていますね。見学コースの中には、お茶菓子を頂き休憩出来る茶室もありました。

大師協会

大師協会では撮影を出来ない雰囲気にありました。
実はココでは昼時を抜いて、開館から閉館までの間、1時間に1回「阿闍梨様」のお説法を受ける体験が出来るのです!!
普通お布施とか、そういう包む物を包んで受けられる様な、あの体験を入館料のみで体験させて頂けるのです!!

勿論、その体験はせずに館内見学のみも出来ますよ。

根本大塔・御影堂・金堂

頭上の春や… 足下の春を感じながら散策をします足元は砂利ではなく砂のような不思議な参道を進みます 緑の生命力感を感じながら散策です 灯籠(石籠)もありました 天井から吊り下がっている物は、1つ200万円するとかしないとか…真っ直ぐに生えた杉の木の奥には朱色が 散策し甲斐があるボリュームですこちらはお堂部分を人力で回せます。回すと幸せになれると言い伝えられています 朱色が眩しいですね。こちらは正門からの風景です 朱色の橋を渡るのは、もう習慣のようですね お待たせしました、牛若丸の橋です日本の朱色って、日本の風景にとてもよく似合いますよね 散策散策です♪ どこを散策しても、どこかのお寺さんがあります座ってたんせ♪な手がスタンバイしているので失礼して… 座って良い所なので、是非皆さんも記念撮影に お茶の時間も忘れずに(*^-^*)

霊宝館

有形文化財などの展示がある宝物館でした。
仏像はじめ曼荼羅、出土品まで展示されていました。

しかし何と驚くことに、この霊宝館自体が、文化財指定されている博物館なのです!
この建物、すごく「撮影禁止」のポスターが口酸っぱく貼られており、何だか物々しいなぁ…と思っていたら、まさかのこの、今居る建物が文化財とは!

とっても重圧感を感じる壁、天井ですし照明は薄暗いですし、しかも寒いですし…
何でかと思ってはいたのですが、まさか重要文化財とは露知らず。

仏像や曼荼羅にあまり興味がなくても、建築などに興味がある方はまた違った楽しみ方が出来ること間違いなしのスポットです。

徳川家霊台

折角なので、徳川家の霊台も見学してきました 階段を上ると霊台が2つあり、こちらは家康の霊台です 綺麗な金箔と味のある木造部分が歴史を物語ります彫刻も細かく施されています 日本一有名は紋所なのではないでしょうか こちらは秀忠の霊台です家康の物よりも跡に建てられたのでしょう、家康の物と比べると木造部分が綺麗です

本日のまとめ

出費

食費;円
ガソリン代;円 L (/L)

その他反省

高野山は見所が満載過ぎるため、数回に分けて公開しますね(*^-^*)

↓↓↓よろしければポチッと応援よろしくお願い致します(o^^o)↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦日本一周へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ABOUT ME
gatagatagogo
こんにちは、30代嫁&40代夫が、脱サラしてキャンピングカーで日本全国を旅します。 我の強い2人の、日本全国津々浦々巡りを始めるまでの波瀾万丈話と、始めてからのワクドキ情報発信をしていきます。 どうぞよろしくね!
RELATED POST