雑談

日本一周のリアル「日本一周しながら手術を受けることに」

日本一周をしながら手術を受ける人は珍しいかも?なので、折角なので記録に残しておきます。

また経験談と手術の様子もシェアさせて頂きます。
(日本一周してなくても、白板症の患者さんは多いようなので参考になればと思います)

日本一周しながら手術を受ける

さて事前に皆様からパワーを沢山頂いておりました、無事にオペ&抜歯&生検が完了しました。

ご心配お掛けしました。そして沢山の励ましの言葉をありがとうございました。

まずは感謝をここでお伝えします。

何という病気だったか

病名は「頬粘膜腫瘍」でした。

当初は「白板症(ハクバンショウ)」との見解でしたが、実際に手術してみると、腫瘍とのことでした。
ちなみに“腫瘍”と聞くとガンを想像しますが、幸いなことに悪性の反応は出ませんでした。
しかし放っておいたら悪性に変化していただろう、と言われ、早期発見&早期摘出が功を奏した結果となりました。

金属アレルギーだと思ったら腫瘍だった

実は今回の病気が分かるまでに、三か所の医療機関を渡り歩いています。

①歯医者
②皮膚科
③口腔外科

の3か所で、記述順に病院に通いました。

病気発見までの流れを施設別に記載します。

歯医者

実は重度の金属アレルギーで全身脱毛を患ったがっちゃんは、歯の詰め物を全部入れセラミック製の物に替えたのをきっかけに、定期的に歯医者さんへ通院しています。

その歯医者さんで口内炎っぽい物が出来ていると言われました。
もしかしたらカビかもしれないけれど、皆が保有していて疲れていると出る物だと言われました。
この時、実は肌の薄い部分に発疹(金属アレルギーの時に出るやつ)が出ておりました。
しかし金属アレルギーと口内の症状は関係ないとの事で終わりました。

皮膚科

しかし夏の間にウォーターレジャーをする予定で、水着になった時に発疹が気になるので皮膚科へ相談しに行く事にしました。
そこでついでに、たまたま、軽い気持ちで、口内の事を漏らしました。

皮膚科ではすぐに口内の白い部分の細胞を綿棒でとって顕微鏡で見てくれました。
その結果、カビではなくて口内炎でもなさそうな事を言われます。

そこで初めて「白板症の可能性があるので」早めに口腔外科へ行くようにと紹介状を渡されます。

口腔外科

軽い気持ちで相談したら「白板症」と言われ、じゃあ「白板症」て何?と思い検索してみると「口腔がん」や「舌がん」など、ただならぬ病名の羅列が…。

ここで初めて恐怖心と不安心が湧きます。
そしてむっちゃんはすぐにピンときたのです。

白板症からガンになる

実はむっちゃんの家族が、なかなか治らない口内炎で何年も「様子見を」と言われ続けてきました。

痛みが出て口内炎が固く真っ白になって再度病院に行くと、お医者さんは怪訝な表情になり別の病院へ行くように言われました。

「がん」の可能性が高いから、大きな病院で手術をしてもらわなければならなくなりました。
私は小学生11歳小学5年生の時だったと思います。(3回大きな手術をしており、古い記憶が塗り替えられています)

当時の私は子供心に何でもっと早くおかしいと気付いてくれなかったのか、とお医者さんを憎みました。

結果3度目の手術以降再発はしていませんが、口内炎と言われていた頬・舌半分・リンパ・首から肩にかけての筋肉摘出をして左半身が多少不自由になってしまいました。
左腕を庇うから、右半身だけでなく全てのバランスが崩れ、よく痛そうにしています。

生検結果が出るまでの不安な気持ち

そんな記憶が鮮明にあるので、むっちゃんはとにかく不安でございまして…。

結果“良性”との事でブログをリアルタイムで書けていますが、もし悪性だったら…ブログも書けないし、旅も出来ないくらいの落ち込みようだった事でしょう。

手術の予定

がっちゃんの口内には2つ、白板症が確認されました。

1つは範囲が広い左側、もう1つは範囲が狭い右側。

手術は範囲の広い左を先に日帰りで局部麻酔で切除し、小さい方は一か月後くらいに日帰りで局部麻酔で切除を言われました。
逆に、2か所いっぺんに切除するなら全身麻酔で入院との説明でしたが、後々体に負担の少ない局部麻酔を勧めて下さったので、2回に分けての手術の予定を組まれました。

手術当日の流れ

当日は11時から手術予定だったため、朝ご飯は普通に食べて来るように言われました。

10:51少し早めに呼ばれました。
11:20手術完了

待合室で待つむっちゃんはハラハラして待っておりましたが、それ以上にがっちゃんは着ていたTシャツがグッショリ濡れる程汗をかいて手術されておりました。

術後はむっちゃんも一緒にお医者さんの説明もしっかり聞いて来ました。
しかし説明を聞いてビックリ!

なんと、2回に分けて行われるはずの手術を1回で済ませてくれたとの事!

えぇ?!日帰りで局部麻酔で大丈夫なの?とハラハラしましたが、どうやら右側が予想以上に根が深く、急遽同日切除との事でした。わぁお!

手術までの日程

7/23 歯医者で異変に気付かれる

7/26 皮膚科で相談

7/30 口腔外科を受診「白板症」と言われる

8/20 手術

8/29 抜歯、生検結果“良性”(本来生検が出るのは9/3の予定だった)

まとめ

(結果に安心しているのもあるので)強く言えるのは、おかしいと思ったら早くに病院へ行った方が良いという事です。ホントこの一言に尽きますね。

結果が出るまでの間にがっちゃんが漏らした言葉は「前職の働き方だったら、病院に行けるのは悪化した時だったかも…」。
私もそう思います。

それでも、絶対早くて損はしません。
むっちゃんの家族の一件があるから、間違いなく言えます。

おかしいと思ったら、自分に嘘をつかずに我慢せずに、早く病院へ行きましょう。

 

↓↓↓よろしければポチッと応援よろしくお願い致します(o^^o)↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦日本一周へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ABOUT ME
gatagatagogo
こんにちは、30代嫁&40代夫が、脱サラしてキャンピングカーで日本全国を旅します。 我の強い2人の、日本全国津々浦々巡りを始めるまでの波瀾万丈話と、始めてからのワクドキ情報発信をしていきます。 どうぞよろしくね!