キャンピングカー

30代女が求めるキャンピングカーと40代男の求めるキャンピングカーの違い

30代女が求めるキャンピングカーと40代男の求めるキャンピングカーの違い

先日キャンピングカーを求め、初めて某中古キャンピングカーショップまで足を運びました。


軽キャン、バンコンからキャブコンまで、ざっと100台以上保有している店舗さんに行ってきました。
そこで色々な車体を見て廻って思った事。それは、がっちゃんとむっちゃんの求める車体のスタイルの違い。そしてその差が大きすぎる(。・ω・。)

30代女の求めるキャンカー

私の求めるキャンピングカーの絶対条件は、バンコンでトイレ・シャワー付きの車体です。
ちなみに、トイレ・シャワーの部屋を「マルチルーム」というそうです。(ちなみにむっちゃんはカタカナに弱く、キャンピングカー制作屋さんの呼称である「ビルダーさん」のことを「ブリーダーさん」といつも間違えています。アホめな子です。)
なぜトイレ・シャワーが必要なのかと言うと、むっちゃんの持病の都合上、あると非常に便利な為、絶対条件で探しています。
むっちゃん、お小水を我慢すると腎臓に負担が掛かってしまうのです。でも水分はごっつ摂取しなきゃならない。
ちなみにNboxに乗っている現在お手洗いはどうしているかと言うと、水分摂取を極力控え、トイレ券を連発しないようにしています。
がっちゃんは遠慮せずトイレって言いなさいと言ってくれますが、やっぱり運転をがっちゃんに完全に任せてしまっているので、タイミングとかで遠慮はしちゃいますよね(^_^;)

40代男の求めるキャンカー

昨年秋にキャンカーショーに足を運んで、すっかりその気のがっちゃん。
そんながっちゃんが求めるキャンカーとは、基本の車内装備の他にFFヒーター、ソーラーパネルがあること。寒冷地仕様で座り心地がいい車体。そしてむっちゃんの為に、シャワーはなくともトイレは必須。
つまり、むっちゃんは重視していないような装備面に重きを置いて考えていたのです。さすが、四季を考えてますなぁ。

実際のキャンピングカーの実態

そして実際に足を運んで車体を見る事で、判明したことがあります。
それは何かと言うと、バンコンはおろかキャブコンでさえシャワー付きの車体が少ないこと!!
私、キャブコンは全車種シャワー付きかと勝手に思っていたので、シャワーのないキャブコンにまぁ驚きました。

シャワー諦めなきゃダメかなぁ~。やっぱりトイレ・シャワー付きとなると、オーダーしかないかな〜。

経費を考えなくて良いなら、外国製の1600万くらいのキャブコンでも良いのですが←、いかんせん先立つものは決まっておる訳です。
いやー、初経費は抑えたいと思っていたけど、厳しそうです。。
とりあえず、今フルオーダーで見積もり作ってもらっているので、到着を待ちたいと思います( ̄∇ ̄)

まとめ(追記)

今現在キャンカーを購入した私だから言えること、絶対にこれだけは間違いないことをお伝えします。
それは、納得いくまで自分に合った車体を見つける努力をすること。
だって、安い買い物じゃないんだもの。
妥協が必要な時もあるけれど、極力自分の本当に欲しいものを探そ。そして納得して気持ちよく愛用しよ。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ABOUT ME
gatagatagogo
こんにちは、30代嫁&40代夫が、脱サラしてキャンピングカーで日本全国を旅します。 我の強い2人の、日本全国津々浦々巡りを始めるまでの波瀾万丈話と、始めてからのワクドキ情報発信をしていきます。 どうぞよろしくね!
RELATED POST