ミニマム&ワードローブ

日本一周系、30代女子の楽々ワードローブ

前回のワードローブの記事で、コーディネートの制服化を載せました。

今回は実際に使い回せる・使い回しやすいアイテムをご紹介したいと思います。


少ない服で秋コーデ

トップス編

白は汚れが目立ちやすいのと下着の透け感が気になるので、私は

  1. グレー(春秋冬兼用)
  2. 黒(春秋冬兼用)
  3. 白×グレー(春秋冬兼用)
  4. 白×ネイビー(春秋冬兼用)
  5. ネイビー×ベージュ×白(秋冬兼用)

と、ストライプの物を中心に揃えています。

 

こちらは春夏秋の3シーズン着回します。夏は袖をまくり、羽織り物代わりに着ています。春秋は羽織り物としても、ワンピースとしても着ます。一枚で2役の優秀アイテムです。

ちなみにこの冬は、中にヒートテックを着てネイビーのゆったりニットと合わせて着ようと企み中です。今から楽しみですぞ(^_^)

白は汚れが目立ちやすいと気にしながらも、白系&シャツ系&ワンピース系は鉄板です。下はレギンスでもパンツスタイルでも決まりますし、前のボタンを開けて羽織り物代わりにもなります。

白いロングシャツワンピースなので、他のアイテムに何色を使っても、簡単に決まりますよ。

私は薄くて細いストライプが入っている物を持っています。綿100%で洗うと程よくシワがつきます。いわゆる「洗いジワ」です。このシワと少しのストライプのお陰で、白物なのに汚れが目立ちません。

この選び方は本当にオススメです。ただし、シワを許せない方には向かない選び方です。

 

アウター編

鉄板中の鉄板、グレーのパーカーです。

パーカーはカジュアルアイテムですが、合わせるボトムスで表情を変えてくれます。それに、春秋冬と3シーズンも着られる優れ物。大好きです。

 

ライトダウンはノーカラー(襟なし)のネイビーを持っています。

ノーカラーにした理由は、寒いときにコートの下にライトダウンを着込むためです。コートから襟が出てしまっては、様になりませんからね(^0^;)

また、明るい色(ベージュや白系)も欲しいと思ったのですが、やはり汚れが目立ちづらいネイビーにしました。

 

Gジャンはショート丈の物を持っています。

下にパーカーを着てもアレンジがききますし、ロングシャツワンピースに合わせても勿論OK。ロングTシャツには文句なく、合います。

ボトムスがスキニージンズにもスカートにも合うのが嬉しいです。

 

ボトムス編

ジーパンはブルー系で一本持っていて間違いないでしょう。

そこに更に私は、

  1. ブラック
  2. カーキ

と揃えています。白は汚れが気になるので、あまり汚れない予定の日だけの登場です。でもあると着回せて良いんですよねぇ。

勿論、手持ちのどのトップスとも合います。相性はバッチリです。

 

シューズ編

これも、オールシーズン履ける上に、私の手持ち服のどれにでも合う優秀アイテムです。

 

こちらも春秋冬と3シーズン履ける優れ物です。

中でも本革の靴はオススメです。履いてすぐに足に馴染み、長く履けます。私も今履いているブーツはかかとのみ修理して長く履いています。(かかとの滑り止めのお直しなら1,500円程度で出来ますよ~)

本革をオススメする理由はもう一つあります。合皮の物は履いても履かなくても、2~3年もすれば経年劣化します。履かなくてもですよ?更に保存状態によってはワンシーズンでボロボロになってしまう劣悪品も…。

合皮を2年に一度買い換えたとして、合皮品もデザイン性が高くて安くありませんから一足8,000円~12,000円の靴を買ったと仮定すると分かりやすいですね。

一度本革をお迎えすれば、そしてちゃんとお手入れすれば、長く履けます。ほんっと、オススメです。

特にアラサー以降、本物を1つ2つ持たれると素敵だと思います。

 

その他アイテム

私は黒系コーデと茶系コーデが多いので、ヒョウ柄も黒系と茶系の2枚を持っています。全く同じ物でもつまらないので、大判の物とシワ加工の物を用意しています。

 

まとめ

今回のブログ、書いていてとっても面白かったです!

やっぱり、服とかコーディネートとか好きな、むっちゃんです。

お洒落さんとは程遠い私ですが、好きな事を語らせて頂きました。

車内生活に限らず、少ないワードローブで生活されたい方や、年齢と共に着る服に迷われている方に読んでいただけましたら幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ABOUT ME
gatagatagogo
gatagatagogo
500日以上連続でキャンピングカーを拠点に活動している、 キャンライフ夫婦の、がっちゃん&むっちゃんです。 リモートワークをしながらYouTubeで旅先の様子を発信してキャンピングカーの楽しさを広めたい思いを胸に、 【キャンピングカー×生活×夫婦=キャンライフ夫婦】の様子をお届します。 実績:DRIMO、VANLIFE JAPAN(車中泊・キャンピングカーwebマガジン)